17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

FNC_LobReadを呼び出してラージ オブジェクトの値にアクセスするには、その前にFNC_LobOpenを呼び出して読み取りコンテキストを確立しておく必要があります。

パフォーマンスを最高にするためオブジェクト全体を読まないように設計したUDF、UDM、または外部ストアド プロシージャの場合、start引数とmaxlength引数を使用して、オブジェクトのサブセットを指定してください。オブジェクトがリモートAMPにある場合、これにより不必要なデータの移動によるコストを節約できます。

FNC_LobOpenを呼び出すと、未完の読み取りコンテキストの数が1加算されます。

UDFまたは外部ストアド プロシージャの結果のデータ型 未完読み取りコンテキストの数の最大値
ラージ オブジェクト 3
ラージ オブジェクト以外 4

LOB_LOCATOR引数は、可能な範囲で検証されます。この引数が無効なら、このUDF、UDM、または外部ストアド プロシージャを呼び出したリクエストは失敗し、多くの場合、次のようなエラーを戻します。

7554 Invalid LOCATOR argument to LOB access function in UDF
database_name.udf_name.

制御はUDF、UDM、または外部ストアド プロシージャに戻されません。