17.00 - 17.05 - 例: オーバーロード関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDFExampleクラスにあるget_randomという名前のオーバーロードされた次のJavaメソッドについて見てみましょう。

public class UDFExample {

   ...

   public static int get_random( int some_value ) {
     ...
   }
   
   public static int get_random( java.sql.Date some_value ) {
     ...
   }

   ...
   
}

メソッド名は同じですが、some_valueパラメータのデータ型が異なります。

UDFExampleクラスのJARファイルがUDFExample.jarという名前の場合、以下の文は、UDFExample.jarUDFExampleクラスをデータベースに登録し、JARファイルに対してJarUDFと呼ばれるSQL識別子を作成します。

CALL SQLJ.INSTALL_JAR('CJ!C:\udfsrc\UDFExample.jar','JarUDF',0);

今度は、UDF_RANという名前のスカラーUDFのオーバーロードを行なう次の関数定義について見てみましょう。

CREATE FUNCTION UDF_RAN(SomeValue INTEGER)
RETURNS INTEGER
LANGUAGE JAVA
NO SQL
PARAMETER STYLE JAVA
EXTERNAL NAME 'JarUDF:UDFExample.get_random(int)';

CREATE FUNCTION UDF_RAN(SomeValue DATE)
RETURNS INTEGER
LANGUAGE JAVA
NO SQL
PARAMETER STYLE JAVA
EXTERNAL NAME 'JarUDF:UDFExample.get_random(java.sql.Date)';