17.00 - 17.05 - CLIv2を使用する外部ストアド プロシージャのインストール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
CLIv2を使用する外部ストアド プロシージャをインストールするために使用するCREATE PROCEDUREまたはREPLACE PROCEDURE文では、以下のオプションを指定する必要があります。
  • Teradata CLIパッケージ名を含むEXTERNAL NAME句
  • 外部ストアド プロシージャが実行するSQL文がデータベースのSQLデータを読み込んだり、変更するかどうかを識別する、以下のいずれかのオプション
    • CONTAINS SQL
    • READS SQL DATA
    • MODIFIES SQL DATA

サンプルは次のとおりです。

REPLACE PROCEDURE ET001_xsp1(IN A_Name VARCHAR(10),
                             OUT resultx VARCHAR(16000))
   LANGUAGE C
   MODIFIES SQL DATA
   PARAMETER STYLE TD_GENERAL
EXTERNAL NAME 'SP!CLI!CS!ET001_xsp1!ET001_xsp.c';

外部ストアド プロシージャが動的な結果セットをクライアント アプリケーションまたは外部ストアド プロシージャの呼び出し側に戻す場合、CREATE PROCEDURE文またはREPLACE PROCEDURE文ではDYNAMIC RESULT SETSオプションも指定する必要があります。

サンプルは次のとおりです。

REPLACE PROCEDURE ET001_xsp1(IN A_Name VARCHAR(10),
                             OUT resultx VARCHAR(16000))
   LANGUAGE C
   READS SQL DATA
   PARAMETER STYLE TD_GENERAL
   DYNAMIC RESULT SETS 2
EXTERNAL NAME 'SP!CLI!CS!ET001_xsp1!ET001_xsp.c';