17.00 - 17.05 - 登録済みJARファイルまたはZIPファイルのJavaパスの変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

登録済みJARファイルまたはZIPファイルのクラスの検索パスに、同じデータベースに登録された他のJARファイルまたはZIPファイルからのクラスが含まれるように指定するには、SQLJ.ALTER_JAVA_PATH外部ストアド プロシージャを使用します。

始める前に

外部ルーチンの事前登録済みJARファイルまたはZIPファイルのJavaパスを変更する前に、以下の手順を実行します。

  1. SQLJ.ALTER_JAVA_PATH外部ストアド プロシージャに対してEXECUTE権限を持っていることを確認します。
  2. デフォルト データベースがJARファイルまたはZIPファイルが登録されたデフォルト データベースと異なる場合は、DATABASE文を使用してデフォルト データベースを変更します。
  3. 以下のすべてのオブジェクトにおいて、DROP PROCEDURE権限またはDROP FUNCTION権限を持っていることを確認します。
    • デフォルト データベース
    • SQLJ.INSTALL_JARに渡されたSQL識別子によって識別される、デフォルト データベース内のオブジェクト