17.00 - 17.05 - セキュリティ制約UDFのルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

セキュリティ制約UDFに適用されるルールは、次のとおりです。

  • この関数は、CまたはC++で作成されたスカラーUDFであることが必要です。
  • このUDFは、オーバーロードされた関数にすることはできません。
  • このUDFは、SYSLIBデータベース内に存在する必要があります。
  • セキュリティ制約オブジェクトをNULLオプション付きで定義する場合は、NULLを許容するためにパラメータ スタイルをSQLにする必要があります。制約オブジェクトがNULLを許容しない場合は、パラメータ スタイルをTD_GENERALにする必要があります。
  • 制約に関連付けられたセキュリティUDFを削除するには、セキュリティ制約オブジェクトを前もって削除する必要があります。ただし、UDFを変更または置換することはできます(置換されるUDFに、制約の定義に必要なパラメータが含まれている場合)。