17.00 - 17.05 - テーブルUDF - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル関数は、SQL SELECT文のFROM句で呼び出され、SELECT文への1回のループごとに1行ずつテーブルを戻します。この関数は、渡された入力引数、または外部ファイルあるいはメッセージ キューの読み取りに基づいて、テーブルの行を生成できます。

スカラーUDFまたは集約UDFを実装するメソッドと同様、UDFテーブルを実装するメソッドのパラメータ リストには、SQL文で指定されたときにUDFの入力引数にマッピングされる入力パラメータが含まれます。

スカラーUDFまたは集約UDFを実装するメソッドと異なり、UDFテーブルを実装するメソッドのパラメータ リストには、UDFテーブルが生成する結果行の列にマッピングされる出力パラメータが含まれます。テーブルUDFを実装するメソッドの戻り値型は常にvoidであることも異なる点です。

テーブル関数には以下のものを組み込むことができます。
  • 128の入力パラメータ。
  • テーブル関数のCREATE FUNCTION文またはREPLACE FUNCTION文のRETURNS TABLE句で定義されている個数の出力パラメータ。

    出力パラメータの数は、通常のテーブルに定義できる列の最大数によって制限されます。