17.00 - 17.05 - C/C++関数名の指定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

CREATE FUNCTION文には、C/C++関数宣言の左括弧の直前に指定するC/C++関数名、または関数のエントリ名(C/C++のソースではなくC/C++のオブジェクトが指定された場合)を指定する句があります。

CREATE FUNCTIONの句 結果
EXTERNAL SPECIFIC句
  • 指定されている場合には、C/C++関数名は、SPECIFIC句の後の名前と一致していなければなりません。
  • 指定されていない場合には、C/C++関数名は、CREATE FUNCTIONキーワードの後の名前と一致していなければなりません。

クライアントがメインフレーム接続の場合、C/C++関数名はソースのDDNAMEでなければなりません。

EXTERNAL NAME function_name C/C++関数名はfunction_nameと一致していなければなりません。

クライアントがメインフレーム接続の場合、function_nameはソースのDDNAMEでなければなりません。

EXTERNAL NAME 'string' 'string'には、C/C++関数名を指定するFオプションを含めることができます。

'string'にFオプションが含まれない場合、次のルールが適用されます。

SPECIFIC句

  • 指定されている場合には、C/C++関数名は、SPECIFIC句の後の名前と一致していなければなりません。
  • 指定されていない場合には、C/C++関数名は、CREATE FUNCTIONキーワードの後の名前と一致していなければなりません。