17.00 - 17.05 - TD_ANYTYPEパラメータのルーチン内での使用方法 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

TD_ANYTYPEパラメータをルーチン内で使用するための基本的な手順は、次のとおりです。

  1. TD_ANYTYPE入力パラメータおよび結果パラメータについての情報を保持するためのバッファを割り当てます。
  2. FNC_GetAnyTypeParamInfoを呼び出して、このルーチンに渡されたTD_ANYTYPE引数についての情報を取得します。
  3. 各入力パラメータについて、FNC_GetAnyTypeParamInfoから返されたデータ型と情報に応じて、適切なコードを実行します。データ型がルーチンでサポートされていない場合は、実行時エラーを返します。
    Teradata Databaseが、TD_ANYTYPEパラメータのデータ型を暗黙的に変換することはありません。
  4. 戻りパラメータに求められるデータ型に応じて、適切なコードを実行します。求められる戻り値の型がルーチンでサポートされていない場合は、実行時エラーを返します。
  5. バッファ用に割り当てたメモリを解放します。