17.00 - 17.05 - Rデータ型とCデータ型間のマッピング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

R FNC関数の入力パラメータと出力パラメータのデータ型は、Rデータ型の一般的な使用に適合しています。ただし、R FNC関数は既存のC FNC関数を使用して実装されます。そのため、ラッパーがデータをRデータ型とCデータ型の間で変換するために使用されます。以下のテーブルに、Rデータ型とCデータ型間のマッピングを示します。

R C
integer
  • signed char
  • signed/unsigned short
  • signed/unsigned int
  • signed/unsigned long
real
  • float
  • double
  • long long
character char (文字と文字列に使用される場合)
raw
  • pointers
  • unsigned char (バイト)
vector array
list struct