17.00 - 17.05 - 概要 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のセクションでは、CおよびC++のUDF、UDM、および外部ストアド プロシージャ(まとめて外部ルーチンと呼ばれる)でのグローバル持続(GLOP)データの使用に固有の概念、参照、および手順について説明します。

GLOPデータを使用する前に、DIPGLOPスクリプトを実行する必要があります。このスクリプトで、DBCExtensionデータベースとテーブル、およびストアド プロシージャを作成して、GLOPデータの管理や操作を実行します。データベース初期化プログラム(DIP)を使用してDIPGLOPスクリプトを実行する方法については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

CまたはC++の外部ルーチンでGLOPデータにアクセスするのに使用できるCライブラリ関数について詳しくは、Cライブラリ関数を参照してください。