17.00 - 17.05 - traceWrite(java.lang.Object[] argv) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDFまたは外部ストアド プロシージャによって呼び出され、CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE文によって定義されている一時トレース テーブルにトレース出力を書き込みます。

argv配列に含まれる各オブジェクトは、トレース テーブルの1つの列に対応します(最初の2つの必須列を除く)。argv配列のオブジェクトの順序は、トレース テーブルの中の列の順序に対応します。

DbsInfo.traceWriteを使用してトレース出力を一時トレース テーブルに書き込むには、以下の手順に従います。

  1. トレース テーブルの各列について、列のSQLデータ型にマッピングされるJavaオブジェクトを作成し、オブジェクトの値を列に書き込む値に設定します。

    Javaオブジェクトが一時トレース テーブルの列のSQLデータ型にマッピングされる仕組みについては、TraceObjコンストラクタを参照してください。

  2. TraceObjラッパ クラスを使用して各Javaオブジェクトをラップします。

    TraceObjの詳細については、com.teradata.fnc.TraceObjを参照してください。

  3. TraceObjオブジェクトをObject配列に入れ、配列をDbsInfo.traceWriteに渡します。

    DbsInfo.traceWriteは、配列の中の各オブジェクトの値を対応するSQLデータ型の値に変換し、値をトレース テーブルに書き込みます。

詳細情報 参照先
トレース テーブルを使用したJava UDFまたは外部ストアド プロシージャのデバッグ トレース テーブルを使用したデバッグ
CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144