17.00 - 17.05 - SELECT UDFまたはDELETE UDFの戻り値 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

SELECTとDELETEのUDFでは、結果パラメータと、それに対応する識別子パラメータで、次の値を返す必要があります。この戻り値は、制約オブジェクトに定義されたデータ型とNULLオプションに応じて決まります。

  • 制約のデータ型がSMALLINTまたはBYTE (n)で、その制約ではNULLを許可していない場合、有効な戻り値は次のとおりです。
    戻り値 説明
    'T' この呼び出しがセキュリティ ポリシーを満たしていることを意味します。SELECT操作またはDELETE操作が実行されます。
    'F' この呼び出しがセキュリティ ポリシーに違反していることを意味します。SELECTまたはDELETEは実行されずに、システムは次の行に処理を進めます。
  • 制約のデータ型がSMALLINTまたはBYTE (n)で、その制約ではNULLを許可している場合、有効な戻り値は次のとおりです。
    戻される識別子の値 戻り値 结果
    0 'T' この呼び出しはセキュリティ ポリシーを満たしています。SELECT操作またはDELETE操作が実行されます。
    0 'F' この呼び出しは、セキュリティ ポリシーに違反しています。SELECT操作またはDELETE操作は実行されずに、システムは次の行に処理を進めます。
    このUDFでは、戻される識別子パラメータの値として、-1を返すことはできません。これは、無効な結果になります。