17.00 - 17.05 - パラメータ スタイルSQLの構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
void  procedure_name ( type_1      *in_out_parameter_1,
                       ...,
                      type_n      *in_out_parameter_n,
                      int         *indicator_parameter_1,
                       ...,
                      int         *indicator_parameter_n,
                      char         sqlstate[6],
                      SQL_TEXT     procedure_name[m],
                      SQL_TEXT     specific_procedure_name[l],
                      SQL_TEXT     error_message[p] )
{
     ...
}

説明

パラメータ 指定内容 入力/ 出力
type_n * in_out_parameter_n IN、OUT、またはINOUT引数に対応する入出力パラメータ。nはCREATE PROCEDURE定義内のパラメータの数です。n=0なら、入出力パラメータはありません。このデータ型は、sqltypes_td.hに含まれるCデータ型のうち、IN、OUT、またはINOUT引数のSQLデータ型に対応するものです。

入出力パラメータの数は最大256個です。

入出力
int * indicator_parameter_n 入出力パラメータに同じ順序で対応するインジケータ パラメータ(n > 0のプロシージャの場合)。

インジケータ引数の値。

  • -1であれば、対応する入出力引数はNULLです。
  • 0であれば、対応する入出力引数は値です。

INまたはINOUT引数に対応するインジケータ引数は、入力時に適切な値に初期化されます。C/C++関数は、インジケータ引数を対応するOUTまたはINOUT引数の適切な値に設定しなければなりません。

入出力
char sqlstate[6] 成功、例外、または警告を示す戻り値。これは、6文字のC文字列へのポインタです(最初の5文字はASCII、最後の文字はCのNULL文字)。関数でエラーを検出した場合、関数でsqlstateをSQLSTATEの例外または警告に設定できます。

この文字列の初期値は'00000' (成功)です。

SQLSTATEの値の詳細は、SQLSTATEの値を戻すを参照してください。

出力
SQL_TEXT procedure_name[m] 呼び出される関数の名前。これはC文字列へのポインタです。これは、CREATE PROCEDURE procedure_nameで指定される関数名と同じ名前です。

C/C++関数では、この名前を使用してエラー メッセージを作成できます。

mの最大値は128文字です。

入力
SQL_TEXT specific_procedure_name[l] CREATE PROCEDURE procedure_nameで指定されている外部ストアド プロシージャの名前。これはC文字列へのポインタです。

C/C++関数では、この名前を使用してエラー メッセージを作成できます。

lの最大値は128文字です。

入力
SQL_TEXT error_message[p] エラー メッセージのテキスト。これは、C文字列へのポインタであり、pの最大値は256です。 出力