17.00 - 17.05 - 動的な結果行指定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

CREATE FUNCTION文またはREPLACE FUNCTION文がRETURNS TABLE VARYING COLUMNS句を指定する場合、テーブル関数は動的な結果行指定を持つと考えられます。テーブル関数パラメータ リストの結果のパラメータの数は、CREATE FUNCTION文またはREPLACE FUNCTIONT文のRETURNS TABLE VARYING COLUMNS句の列の最大数と一致します。

テーブル関数が値を戻す必要がある結果パラメータの実数およびデータ型は、テーブル関数を呼び出すSELECT文で実行時に動的に指定されます。

以下に、動的な結果行指定を持つテーブル関数のCREATE FUNCTION文の例を示します。

CREATE FUNCTION getStoreData
  (FileToRead INTEGER)
RETURNS TABLE VARYING COLUMNS (10)
LANGUAGE C
NO SQL
EXTERNAL NAME 'CS!getdata!udfsrc/gs2.c'
PARAMETER STYLE SQL;

この例では、テーブル関数パラメータ リストの結果のパラメータ数は10です。