17.00 - 17.05 - 行レベル セキュリティ対応のCスカラー関数の定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
この例では、機密データを保護するための行レベル セキュリティの代表的な使用例を示します。実装は、システムの各ユーザーと、保護対象の永久テーブルの行に割り当てた機密度ラベルに基づきます。セキュリティ ポリシーは、次の目的で定義されます。
  • 新しい行や更新された行に割り当てられる機密度ラベルを強制する。
  • ユーザーの機密度ラベルと、行の機密度ラベルとの比較に基づいて、データ セットの行へのアクセスを制御する。
  • システムからエクスポートした機密データに適用する必要のあるマーキングを決定する。