17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

動的な結果行指定を持つテーブル関数をCREATE FUNCTION文で定義する際には、RETURNS TABLE VARYING COLUMNSで、テーブル関数がサポートする結果列の最大数を指定します。

テーブル関数がSELECT文で呼び出される場合、テーブル関数が戻す必要のある出力列の実数と定義(データ型と属性)は実行時まで不明です。

テーブル関数は、実行時にFNC_TblGetColDefを使用して、テーブル関数が戻す必要のある出力列の数と定義を取得します。

この関数は、テーブル関数の処理フェーズで呼び出すことができます。