17.00 - 17.05 - FNC_Context_tフィールド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ウィンドウ集約関数で使用されるFNC_Context_tのフィールドは、下記のテーブルのとおりです。このテーブルに記載されていないフィールドは、ウィンドウ集約関数に適用できないものか、将来使用するために予約されているフィールドです。

フィールド 指定内容
version コンテキスト構造体のバージョン。
interim1 中間結果を入れる集約記憶域へのポインタ。
intrm1_length interim1の長さ。
window_size
  • 累積ウィンドウ タイプでは、この値は-1になります。
  • レポート ウィンドウ タイプでは、この値は-2になります。
  • 移動ウィンドウ タイプでは、この値は「post_window -pre_window+1」になります(+1は、現在の行の分)。
pre_window この値はPRECEDING句の一部として指定されます。現在の行より前の行をポイントしている場合、このフィールドの値は負になります。

このフィールドは、累積ウィンドウとレポート ウィンドウのタイプには適用しません。その場合、このフィールドは0に初期化されます。

post_window この値はFOLLOWING句の一部として指定されます。現在の行より後の行をポイントしている場合、このフィールドの値は正になります。

このフィールドは、累積ウィンドウとレポート ウィンドウのタイプには適用しません。その場合、このフィールドは0に初期化されます。

関数を呼び出す前に、Teradata Databaseは以下のフィールドをセットアップします。 これらのフィールドは、関数の操作対象になる行のウィンドウを定義するために使用します。
  • window_size
  • pre_window
  • post_window