17.00 - 17.05 - getArray(Map) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このArrayオブジェクトによって指定されているSQL ARRAY値の内容をJavaプログラミング言語の配列形式で取得します。
  • Teradataは標準マッピングのみをサポートします。カスタム マッピングを指定した場合は無視されます。
  • このメソッドでは、1-DとN-Dの両方の配列がサポートされます。

構文規則

Object getArray(Map<String,Class<?>>  map)
                throws SQLException

パラメータ

map
Javaプログラミング言語のクラスへのSQL型名のマッピングを含むjava.util.Mapオブジェクト。

戻り値

この配列オブジェクトによって指定されているSQL ARRAY値の順序付けられた要素を含むJavaプログラミング言語の配列。

例外

配列にアクセスしようとするときにエラーが発生した場合にSQLExceptionをスローします。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY)<Failed to retrieve elements of the array>"が返されます。