17.00 - 17.05 - 文字列引数の切り捨てと結果 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

セッション トランザクション モードによって、文字列の切り捨て方法が違います。

セッション トランザクション モード 関数での規則 Teradata Databaseの動作
Teradata CHARまたはVARCHAR入力引数が渡されるか、CREATE FUNCTIONまたはREPLACE FUNCTION文で指定された最大長を超えるCHAR型結果を戻す エラーを報告せずに引数または結果を切り捨てます。

マルチバイト文字を使ったKanji1文字列で切り捨てが発生すると、マルチバイト文字の一方のバイトが切り捨てられることがあります。

ANSI CHARまたはVARCHAR入力引数が渡されるか、CREATE FUNCTIONまたはREPLACE FUNCTION文で指定された最大長を超えるCHAR型結果を戻す エラーを報告せずに引数または余分の埋め込み文字の結果を切り捨てます。

その他の文字が切り捨てられる場合には、切り捨て例外になります。