17.00 - 17.05 - getResultSet(long,int) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

indexで始まり、countまでの連続要素を含むサブ配列の要素を保持する結果セットを取得します。

  • Teradataは標準マッピングのみをサポートします。
  • このメソッドは1-D配列のみをサポートします。

構文

ResultSet getResultSet(long  index,
                       int  count)
                       throws SQLException

パラメータ

index
取得する最初の要素の配列インデックス。最初の要素はインデックス1です。
count
取得する一連のSQL配列要素の数。

戻り値

このArrayオブジェクトによって指定された、indexで始まるSQL配列のcountまでの連続要素を含むResultSetオブジェクト。

結果セットにはSQL配列の各要素につき1行が含まれ、最初の行にindexの要素が含まれています。結果セットには、countまでの行がインデックスに基づき昇順で含まれます。各行には2つの列が含まれます。
  • 最初の列は、その要素の配列にインデックスを格納します。
  • 2番目の列は、要素の値を格納します。

このルーチンは、countより少ない配列の要素数を返す場合があります。配列内の初期化されていない要素は返されません。

例外

次の場合にSQLExceptionをスルーします:

  • メソッドはN-D配列に対して呼び出されます。データベース固有コード"9743(ERRUDFJAVARRAY)< <Method> cannot be called for N-D Arrays >"が返されます。
  • 配列にアクセスしようとするとエラーが発生します。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY)<Failed to retrieve result set of Array elements>"が返されます。