17.00 - 17.05 - setString(String) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このSQLXMLインスタンスによって指定されるXML値を指定された文字列表現に設定します。

構文規則

void setString(String  value)
                throws SQLException

パラメータ

value
XML値の文字列表現。
この文字列の形式は、org.xml.sax.InputSourceによって定義されます。ストリームの文字は、XML 1.0仕様に従ってXMLのUnicodeコード ポイントを表わします。
Unicode以外のエンコーディング宣言が存在する可能性がありますが、文字列のエンコーディングはUnicodeです。

使用上の注意

ResultSetの指定の列にSQLXMLのjava.sql.Types型がある場合、このメソッドの動作はResultSet.updateString()と同じです。

このメソッドを呼び出すとSQL XMLオブジェクトは書き込み不能になり、実装によっては読み取り不能になる場合もあります。

例外

XML値の処理エラーがある場合、SQLExceptionをスローします。例外のgetCause()メソッドは、ストリームに有効な文字が含まれていない場合など、より詳細な例外を提供できます。

状態が書き込み可能でない場合、例外がスローされます。データベース固有コード"9752 (ERRUDFJAVAXML) <Error processing XML value in setString>"が返されます。