17.00 - 17.05 - com.teradata.fnc.operator.MetaData - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

com.teradata.fnc.operator.MetaDataクラスは、入力ストリームのすべての列に関するメタデータ情報を記述する手段をテーブル演算子に提供します。

メソッド

com.teradata.fnc.operator.MetaDataクラスは、java.sql.ResultSetMetaDataインターフェースのメソッドを実装します。また、4つの追加メソッドを提供します。

getJSONFormat(int)

byte getJSONFormat(int  column)
   throws SQL Exception

JSON列の格納形式を返します。

getPeriodType(int)

int getPeriodType(int  column)
   throws SQL Exception
列に対しPeriod値を返します。Period型値に有効な値は次のとおりです:
NOT_PERIOD = 0
    PERIOD_DATE = 1
    PERIOD_TIME = 2
    PERIOD_TIME_WTZ =3
    PERIOD_TIMESTAMP = 4
    PERIOD_TIMESTAMP_WTZ = 5

PERIOD型の情報へのアクセスを試みたときにエラーが発生した場合、メソッドはSQLExceptionをスローします。

getTeradataColumnType(int)

int getTeradataColumnType(int  column)
   throws SQL Exception

列のデータ型を返します。

getUdtTypeName(int)

String getUdtTypeName(int  column)
   throws SQL Exception

UDT列である場合、列のUDT名であるString値を返します。

UDT名前情報へのアクセスを試みたときにエラーが発生した場合、メソッドはSQLExceptionをスローします。