17.00 - 17.05 - パラメータ受渡し規則 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDFでは、次の2種類のパラメータ受渡し規則がサポートされています。

パラメータ受渡し規則 説明 使用方法
パラメータ スタイルSQL 入力引数としてNULLを渡したり、結果としてNULLを戻す手段を提供します。
  • スカラー関数
  • 集約関数
  • テーブル関数
パラメータ スタイルTD_GENERAL NULL入力引数を受け入れず、NULLの結果を戻すこともありません。
  • スカラー関数
  • 集約関数

UDFのコーディングで使用するパラメータ受渡し規則は、そのUDFのためのCREATE FUNCTION文のパラメータ受渡し仕様に対応するものでなければなりません。

CREATE FUNCTION での指定 作成する関数 関数パラメータに使用する構文
PARAMETER STYLE TD_GENERAL スカラー関数 スカラー関数パラメータ スタイルTD_GENERALの構文
集約関数 集約関数パラメータ スタイルTD_GENERALの構文
PARAMETER STYLE SQLを指定する場合、またはPARAMETER STYLEオプションを指定しない場合 スカラー関数 スカラー関数パラメータ スタイルSQLの構文
集約関数 集約関数パラメータ スタイルSQLの構文
テーブル関数 テーブル関数の構文

Teradata Databaseには、動的なユーザー定義型(UDT)と呼ばれる特別なUDF入力パラメータ データ型があります。UDFを使うと、最多で8つの動的UDT入力パラメータを指定できます。1つの動的なUDTには最大で128の属性を設定できます。その属性のデータ型は実行時に決定されます。

動的なUDTの各属性を入力パラメータとして考えた場合、有効な入力パラメータは次の計算式により1144にまで増加します。

(動的なUDTパラメータ8個×属性128個) + (他のデータ型のパラメータ120個) = 1144

動的UDTの使用については、UDT型を使用する関数の定義を参照してください。