17.00 - 17.05 - 概要 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
インストールの複雑さ、データベースの再起動にかかる時間とその必要性のため、Teradataでは、Rのコンポーネントとパッケージをインストールするにあたり、Teradataカスタマー サービスの支援を得ることを強く推奨します。このサービスを注文するには、Teradataの担当者にお問合わせください。

RインタープリタをVantageシステムにインストールすると、Rを使用し、SCRIPTテーブル演算子またはExecRテーブル演算子を使用して、Rスクリプトを実行できます。

ExecRテーブル演算子を使用するには、Rインタープリタに加えて次を実行する必要があります。
  • UdfGPLライブラリ
  • オプションのDIPスクリプトであるDipRTblOpを実行してExecRテーブル演算子を作成する必要があります。これは、Rスクリプトを実行するための代替のVantage機能です。

Rインタープリタがカスタマー サービスとの変更管理要求を通じてインストールされる場合、このプロセスにはudfGPLライブラリのインストールとExecRのアクティベーションも含まれるため、上記の要件を満たします。

システム管理者がRインタープリタをインストールする場合は、以下の手順に従ってタスクを実行します。Advanced SQL Engineノードのルート ユーザー アクセスとデータベースDBCユーザー パスワードが必要です。