17.00 - 17.05 - 正しい実行オプションの選択 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のテーブルに基づいて、UDFの正しい実行オプションを選択してください。

条件 使用するアプリケーション クラス
UDF開発フェーズで、関数をデバッグしている EXECUTE PROTECTED
関数がファイルをオープンするか、オペレーティング システムによる追跡が必要な別のオペレーティング システム リソースを使用する EXECUTE PROTECTED。

非保護モードで関数を実行すると、Teradata Databaseの適切な運用を妨げる可能性があります。

関数が、オペレーティング システム リソースを使用しない計算関数である EXECUTE NOT PROTECTED

UDFを非保護モードで実行すると、関数の処理速度はかなり向上します。

このオプションは、関数を完全にデバッグし、正しい出力が生成されることを確認した後でのみ使用してください。