17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

FNC_GetArrayElementsは、入力引数としてary_handlearrayIntervalreturnValueBufSize、およびnullBitVecBufSizeを受け取り、次の値を返します。

  • 要求された構成要素の値。この構成要素は、行優先順のarrayIntervalで指定します。これらの値は、returnValueバッファに格納されます。
  • NullBitVector。これは、要求された構成要素の範囲に対応するnullBitVecのビットで、その構成要素が存在していてNULLではないことや、存在しているがNULLに設定されていることを示すように設定されます。
  • returnValueで返される値のサイズ(バイト単位)。このサイズは、length出力パラメータに格納されます。

要求される構成要素の範囲は、arrayInterval文字列で指定した最初の構成要素から、最後の構成要素までになります。NULLである構成要素は、その構成要素の型と同じサイズの領域を返しますが、その領域は0で満たされます。また、これらの構成要素のプレゼンス ビットは、nullBitVecで0に設定されます。要求された範囲内の構成要素が初期化されていないときには、ユーザーにエラーが返されます。

nullBitVec内の該当するプレゼンス ビットの値は、FNC_CheckNullBitVectorまたはFNC_CheckNullBitVectorByElemIndexを呼び出すことで検査できます。この情報を使用すると、FNC_GetArrayElementsから返された構成要素を解釈できます。

詳細については、FNC_CheckNullBitVectorFNC_CheckNullBitVectorByElemIndex、およびARRAY構成要素の値へのアクセスを参照してください。