17.00 - 17.05 - ARRAY引数を使用する外部ストアド プロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部ストアド プロシージャでは、ARRAYの入力引数および出力引数を定義して、それらをARRAYハンドルで受け渡すことができます。

ARRAY引数を使用する外部ストアド プロシージャを定義するためのガイドラインは、ARRAY引数を使用するスカラーUDFを定義するためのガイドラインとよく似ています。詳細は、ARRAY型を使用する関数の定義を参照してください。