17.00 - 17.05 - getNodeIds() - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ノード情報の配列を戻します。各配列要素は、ノードの固有番号です。

戻り値

配列内の要素の数は、NodeInfo.getNumAMPs()により決定できます。

配列要素は、NodeInfo.getAMPIds()からの配列要素と1対1でマップします。例えば、NodeInfo.getNodeIds()からの2番目の配列要素は、NodeInfo.getAMPIds()からの2番目の配列要素では、AMPのノード番号です。

ノード番号は昇順で示され、各ノード番号は、その特定のノード上でAMPの合計数だけ繰り返されます。

ノード失敗のイベントで、HSN (ホット スタンバイ ノード)は失敗したノードからオンラインAMP vprocを引き継ぎます。この場合、getNodeIds()は、失敗したノードではなく、HSNのノードIDを返します。したがって、ノードIDに関して予想される順序でない結果を取得することがあります。