17.00 - 17.05 - FNC_GetQueryBandValueを使用するシステム ルーチン - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradataには、GetQueryBandValueと呼ばれるUDFと、GetQueryBandValueSPと呼ばれる外部ストアド プロシージャが用意されています。これらは、FNC_GetQueryBandValueを使用して、クエリー バンドでトランザクション、セッションまたはプロファイルの名前/値ペアを検索し、指定された名前についての値を取得します。GetQueryBandValueとGetQueryBandValueSPは、DIPユーティリティを使用してDIPDEMスクリプトを実行する際に、SYSLIBデータベースで作成されます。

DIPの詳細は、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。GetQueryBandValueとGetQueryBandValueSPの詳細については、<Teradata Vantage™- アプリケーション プログラミング リファレンス、B035-1090>を参照してください。