17.00 - 17.05 - FNC_TblOpGetLocalOrderByDef - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

テーブル演算子に対する入力ストリームについて、LOCAL ORDER BY句情報を取得します。

構文規則

void
FNC_TblOpGetLocalOrderByDef(int              streamno,
                            FNC_Names_Ord_t  *out_colname);
int streamno
入力ストリーム番号
FNC_Names_Ord_t *out_colname
列名と整列を保存する場所を参照するポインタ。

FNC_Names_Ord_t構造体の詳細については、テーブル演算子のデータ構造を参照してください。

使用上の注意

FNC_TblOpGetLocalOrderByDefを呼び出す前に、out_colnameバッファにメモリを割り当てる必要があります。

FNC_Names_Ord_t *out_colname = FNC_malloc( TblOpSIZEORDERBY(
                                   FNC_TblOpCountHashByDef(streamno)) );

out_colnameが不要になった際には、割り当てたメモリを解放する必要があります。メモリの割り当てにFNC_mallocを使用した場合には、FNC_freeを使用してメモリを解放します。