17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル関数の制御コピーが制御スクラッチパッドに保存するデータにアクセスするには、この関数を使用します(FNC_GetPhaseの呼び出しが処理フェーズとしてTBL_PRE_INIT以外の値を戻す場合)。

制御スクラッチパッドに加えられる後続の変更はローカルなものと見なされ、ローカル テーブル関数コピーの次回の反復実行のためにスクラッチパッド内に保持されます。

制御スクラッチパッドを使用して、テーブル関数が実行しているはずの処理や、実行しないままにしている処理を追跡します。

スクラッチパッドには、スクラッチパッド内の他の構造体を参照するポインタは保管しないでください。戻されるスクラッチパッドのアドレスは、テーブル関数の後続の呼び出しのためのものと同じではないからです。代わりに、スクラッチパッドの現在のアドレスからのオフセットなどの相対アドレッシングを使用してください。