17.00 - 17.05 - getUDFOutputArray() - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

com.teradata.fnc.Arrayの新しいインスタンスを作成します。

  • このメソッドは、1-D配列とN-D配列の両方に対してサポートされます。ただし、com.teradata.fnc.Arrayクラスが特にN-D配列に対し追加のメソッド シグネチャを提供するため、このメソッドは主にN-D配列のサポート向けに提供されています。1-D配列の場合、1-D配列サポートがJDBC規格に準拠しているため、java.sql.Arrayの一般実装を使用することが推奨されます。
  • このメソッドは、スカラーUDFおよび集約UDFにのみ有効です。テーブルUDFと外部ストアド プロシージャの場合、ルーチンのINOUTパラメータまたはOUTパラメータ経由で新しいArrayオブジェクトを作成し、それに応じてその属性を更新する必要があります。
  • このメソッドは、Teradataの拡張機能です。

構文

com.teradata.fnc.Array getUDFOutputArray()
                            throws SQLException

戻り値

com.teradata.fnc.Array型の新しいオブジェクト。

新しいom.teradata.fnc.Arrayオブジェクトは、スカラーまたは集約UDFの戻り値の型情報を使用して初期化されます。

配列がDEFAULT NULLとして定義されている場合、新しいcom.teradata.fnc.Arrayオブジェクトのすべての要素がNULLに初期化されます。その他の場合、要素は初期化されません。

例外

次のデータベース固有コードとメッセージでSQLExceptionをスローします: 9743 (ERRUDFJAVARRAY) <Unsupported Array element type passed to getUDFOutputArray>