17.00 - 17.05 - TIME、TIMESTAMP、Period、ARRAY、およびLOB以外のUDTデータの圧縮/圧縮解除をするUDFの記述ルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のデータ型を有する列データを圧縮/圧縮解除するスカラーUDFを記述する場合には、これらのガイドラインに従ってください。TIME、TIMESTAMP、Period、ARRAY、またはLOB以外のサポートするDISTINCT型UDT。

  • 圧縮UDFには以下のシグネチャが必要です。
    • TIME、TIMESTAMP、Period、ARRAY、またはLOB以外のサポートするDISTINCT型UDTのデータ型を有する単一の入力パラメータを宣言します。
    • パラメータ データ型および列データ型は同一でなければなりません。
    • 戻り型はVARBYTE(64000)でなければなりません。
  • 圧縮解除UDFには以下のシグネチャが必要です。
    • UDFでは、単一のVARBYTE(64000)入力パラメータを宣言します。
    • 圧縮解除UDFの出力は列型と同一でなければなりません。