17.00 - 17.05 - クラス名、メソッド名、およびJARまたはZIP識別子の指定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

CREATE FUNCTION文およびREPLACE FUNCTION文には、登録済みのJARまたはZIPファイルの識別子、および関数を実装するJARまたはZIPファイルのクラスとメソッド名を指定するためのEXTERNAL NAME句が用意されています。

次のようなCREATE FUNCTION文があるとします。

CREATE FUNCTION factorial (x INTEGER)
   RETURNS INTEGER
   LANGUAGE JAVA
   NO SQL
   PARAMETER STYLE JAVA
   RETURNS NULL ON NULL INPUT
   EXTERNAL NAME 'JarUDF:UDFExample.fact';

説明

EXTERNAL NAME句の文字列 指定内容
JarUDF SQLJ.INSTALL_JARプロシージャに提供された登録済みのJARファイルの識別子。
UDFExample Java UDFを実装する登録済みのJARファイルのクラス名。
fact UDFがSQL文で指定される際にTeradata Databaseが呼び出す、指定されたクラスのメソッド名。