17.00 - 17.05 - setBytes(int objNum, byte[] data) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

dataにより指定された中間結果を集約記憶域に格納します。

AGR_DETAIL集約フェーズでUDFが呼び出されるごとに、これは引数によって渡される行データを、その特定のグループに対応する中間集約記憶域に累積する必要があります。集約の対象となる各グループごとに、それぞれ別個の中間記憶域があります。

引数

集約UDFは、objNum引数に対して値1を渡す必要があります。他の値は、将来のリリース用に予約されています。

dataがNULLバイト配列を指定する場合、setBytes()は集約記憶域をゼロに設定します。

例外

dataの直列化サイズが、UDFのCREATE FUNCTIONまたはREPLACE FUNCTION文のCLASS AGGREGATE句で指定されたサイズより大きい場合、setBytes()は、オーバーフロー状態を示すSQLExceptionをスローし、SQLExceptionフィールドを以下のように設定します。

SQLStateフィールド vendorCodeフィールド
“TS000” 7847