17.00 - 17.05 - 集約キャッシュと集約UDF - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

パフォーマンスを向上させるため、Teradata Databaseでは中間集約記憶域がキャッシュされます。集約キャッシュのサイズは1MBで固定されます。

中間集約記憶域の数が集約キャッシュの処理能力を超えると、Teradata Databaseは最も長い間使用されていない中間記憶域をディスクのスプール ファイルにページングします。これにより、大量の集約フェーズが発生することになり、パフォーマンスに影響を及ぼします。

中間記憶域の最大数の決定方法など、集約UDFに対する集約キャッシュの使用を向上させる方法については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「CREATE FUNCTION」を参照してください。