17.00 - 17.05 - tdr.SetFormat - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

指定ストリームに対して書式の属性を設定します。

構文規則

tdr.SetFormat(  attribute,  streamno,  direction,  value  )
attribute
パラメータ型: character

設定する形式属性。

現在、attributeの唯一有効な値は"RECFMT"です。これは入力/出力レコード形式を定義します。

streamno
パラメータ型: integer

ストリーム番号。

direction
パラメータ型: character
有効な値は以下のとおりです。
  • "R" (入力)
  • "W" (出力)
value
パラメータ型: integer

形式属性の新しい値。

有効な値は以下のとおりです。
  • 1 (行セパレータ センチネル付きIndicData)
  • 2 (行/パーティッション セパレータ センチネルなしIndicData)

使用上の注意

この関数は、コントラクト関数から呼び出された場合にのみ有効です。

関数がテーブル演算子から呼び出された場合は、エラーが発生します。

例: 入力ストリームのレコード形式の設定

以下の文は、入力ストリーム0のレコード形式を行セパレータ センチネル付きIndicDataに設定します。

tdr.SetFormat("RECFMT", 0, "R", 1);