17.00 - 17.05 - SQLSTATEの値を戻す - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Java外部ストアド プロシージャは、Teradata Databaseに戻され、SQLSTATE値とエラー メッセージの設定に使用される例外番号とメッセージと共に、java.lang.SQLExceptionをスローすることができます。

SQLExceptionのSQLStateフィールドの有効値の範囲は、38U00~38U99です。

サンプルは次のとおりです。

public class region {

   public static void newRegion( Integer[] regionID )
   throws SQLException
   {
       if (regionID[0] != null)
          regionID[0] = regionID[0].intValue() + 1;
       else
          throw new SQLException("Region ID not valid", "38U01");
   }

   ...

}

SQLExceptionは、外部ストアド プロシージャがスローできる唯一の有効な例外です。