17.00 - 17.05 - 変数モードのテーブル関数の本体 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

この節では、SELECT文で入力引数として派生テーブルからの列を使用して呼び出す、テーブル関数の本体の実装方法のガイドラインを記載しています。

例えば、以下の文は、t1相関名を持つ先行の派生テーブルからのcolumn_1を使用してtable_function_2を呼び出します。

SELECT *
FROM ( SELECT column_1
       FROM table_1
       WHERE column_2 > 65 ) AS t1,
     TABLE (table_function_2(t1.column_1)) AS t2 (c1, c2, c3)
WHERE t1.column_3 = t2.c3;
この節では、変数入力引数だけを処理するテーブル関数の実装方法を説明していますが、定数と変数の入力引数を処理できるテーブル関数を設計することも可能です。定数モードのテーブル関数の実装方法の詳細については、定数モードのテーブル関数の本体を参照してください。