17.00 - 17.05 - C/C++テーブル演算子の既定の変換動作 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDTとCDTデータ値のデフォルトの変換動作

テーブル演算子に送信される入力UDTデータ値およびCDTデータ値は、デフォルトの変換形式です。これは、UDTのSQL変換型または別の事前定義型に対応します。UDT値とCDT値は、UDTまたはCDTに対して定義されているデフォルトの変換関数を呼び出して、対応する変換型に変換されます。以下のテーブルに、テーブル演算子に渡されるUDTデータ型およびCDTデータ型の変換型を示します。

このモードはデータ値のインポートとエクスポートを行なう演算子(T2TまたはT2M)のコネクタタイプに適しています。

一部のUDTおよびCDT (XML、ST_Geometry、DATASET、JSONなど)で複数の変換グループがサポートされていることに注意してください。ただし、テーブル演算子の場合、CDT値は常にデフォルト変換型を使用して送信されます。例えば、JSONデータ値は常にCLOBとして送信されます。

SQL UDTまたは複合データ型 SQLデータ型のマッピング Javaデータ型
ARRAY/VARRAY VARCHAR (定義されている変換型)

java.lang.String

BSON BLOBまたはCLOB
  • java.sql.Blob
  • java.sql.Clob
DATASET – Avro BLOB

java.sql.Blob

DATASET – CSV CLOB

java.sql.Clob

Geospatial – MBB VARCHAR

java.lang.String

Geospatial – MBR VARCHAR

java.lang.String

Geospatial – ST_Geometry CLOB

java.sql.Clob

JSON CLOB

java.sql.Clob

PERIOD VARCHAR

java.lang.String

UDT (Distinct) UDTの基礎となる事前定義データ型

プリミティブJavaデータ型

例えば、次のようになります。
  • int
  • 短期
  • java.lang.String
  • java.sql.Clob
  • java.sql.Blob
UDT (Structured) CREATE TRANSFORMで定義された事前定義データ型

プリミティブJavaデータ型

例えば、次のようになります。
  • int
  • 短期
  • java.lang.String
  • java.sql.Clob
  • java.sql.Blob
XML CLOB

java.sql.Clob