17.00 - 17.05 - 構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
void
FNC_GetArrayElementCount ( ARRAY_HANDLE  aryHandle,
                           int           *presentElts,
                           int            lastPresentElement[])
ARRAY_HANDLE aryHandle
外部ルーチンへの入力パラメータとして定義されたARRAY型へのハンドル。
int *presentElts
値(NULLを含む)が設定されたARRAY引数の構成要素の数。1つのSTRUCTURED型UDTの構成要素は、1つの属性としてカウントされます。
int lastPresentElement[]
ARRAY値の最後に存在する構成要素の情報。1-D ARRAYの場合、最後に存在する構成要素へのインデックスはlastPresentElement[0]で得られます。ARRAY型がn-Dの場合、このインデックスのすべての次元情報は、必要に応じてセルlastPresentElement[1], lastPresentElement[2], lastPresentElement[3] ... lastPresentElement[FNC_ARRAYMAXDIMENSIONS]に格納されます。