17.00 - 17.05 - デフォルト パスと一時パス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
外部ストアド プロシージャを管理するため、Teradataでは外部ストアド プロシージャの作成と実行のためにデフォルト パスと一時パスを使用します。それには、次のものが含まれます。
  • CREATE PROCEDUREにソース ファイルおよびオブジェクト ファイルの位置が指定されていない場合に、それらを検索するために使用されるデフォルト ディレクトリ。

    ソース ファイルまたはオブジェクト ファイルがサーバーにあり、CREATE PROCEDURE文にそのパスが完全には指定されていない場合、ファイルの完全パスの先頭部分はこのディレクトリであると見なされます。

    このディレクトリの作成を担当するのは、管理者、または十分な権限を与えられたユーザーです。

  • 外部ストアド プロシージャがコンパイルされる一時ディレクトリ。

    コンパイル処理に必要なファイルはすべて、ここに移動されます。移動されるファイルとしては、サーバーまたはクライアントからのソース ファイル、および必要であればオブジェクト ファイルやヘッダー ファイルが含まれます。

  • ダイナミック リンク ライブラリの保存ディレクトリ。
  • 保護モードで実行される外部ストアド プロシージャのための共有メモリ ファイルのディレクトリ。

外部ストアド プロシージャのデフォルト パスおよび一時パスの名前など、詳細については、<Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093>を参照してください。