17.00 - 17.05 - UDFのソース コードの開発 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDFの本体は、Javaプログラミング言語を使用して開発します。

Java UDFの実装時に使うクラス名やメソッド名は自由に選択できます。後にCREATE FUNCTIONまたはREPLACE FUNCTION文を使ってそのUDFのSQL識別子を作成するときは、SQL文でUDFが指定されたときにデータベースが何を実行するかが分かるように、そのクラス名やメソッド名を指定します。

サービスとして提供されているVantage delivered as-a-service(AWSまたはAzureで実行中のVantage)、独自のC++およびJava UDF、UDF、UDT、または外部ストアド プロシージャを作成できません。