17.00 - 17.05 - initCtx(java.lang.Object obj) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

obj入力引数の直列化サイズに応じて、集約中間記憶域を割り当てて、初期設定します。

集約UDFは集約のPhase.AGR_INITフェーズでこのメソッドを使用します。

引数

入力パラメータobjにオブジェクト タイプ フィールドがある場合、UDFは、initCtx()を呼び出す前に、これらのフィールドを非NULL値に初期設定する必要があります。objに配列型フィールドがある場合、UDFは、initCtx()を呼び出す前に、配列自体および各配列要素を非NULL値に初期設定する必要があります。

例外

objの直列化サイズが、UDFのCREATE FUNCTIONまたはREPLACE FUNCTION文のCLASS AGGREGATE句で指定されたサイズより大きい場合、initCtx()は、要求されたサイズが大きすぎるために集約記憶域の割り当てが失敗したことを示すSQLExceptionをスローします。SQLExceptionフィールドは以下の値に設定されます。

SQLStateフィールド vendorCodeフィールド
“TS000” 7843