17.00 - 17.05 - getColDef() - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

動的な結果行指定を持つテーブル関数によって戻される必要がある結果列の定義を戻します。

このメソッドは、動的な結果行指定があるテーブル関数の場合にのみ有効です。

戻り値

getColDef()メソッドはintの配列を戻します。配列要素は、テーブル関数が戻す必要がある結果列のデータ型を指定します。有効な値は、以下の定数で定義されています。

    Tbl.UNDEF_DT
    Tbl.CHAR_DT
    Tbl.VARCHAR_DT
    Tbl.BYTE_DT
    Tbl.VARBYTE_DT
    Tbl.GRAPHIC_DT
    Tbl.VARGRAPHIC_DT
    Tbl.BYTEINT_DT
    Tbl.SMALLINT_DT
    Tbl.INTEGER_DT
    Tbl.REAL_DT
    Tbl.DECIMAL1_DT
    Tbl.DECIMAL2_DT
    Tbl.DECIMAL4_DT
    Tbl.DECIMAL8_DT
    Tbl.DATE_DT
    Tbl.TIME_DT
    Tbl.TIMESTAMP_DT
    Tbl.INTERVAL_YEAR_DT
    Tbl.INTERVAL_YTM_DT
    Tbl.INTERVAL_MONTH_DT
    Tbl.INTERVAL_DAY_DT
    Tbl.INTERVAL_DTH_DT
    Tbl.INTERVAL_DTM_DT
    Tbl.INTERVAL_DTS_DT
    Tbl.INTERVAL_HOUR_DT
    Tbl.INTERVAL_HTM_DT
    Tbl.INTERVAL_HTS_DT
    Tbl.INTERVAL_MINUTE_DT
    Tbl.INTERVAL_MTS_DT
    Tbl.INTERVAL_SECOND_DT
    Tbl.TIME_WTZ_DT
    Tbl.TIMESTAMP_WTZ_DT
    Tbl.BLOB_REFERENCE_DT
    Tbl.CLOB_REFERENCE_DT
    Tbl.UDT_DT
    Tbl.BIGINT_DT
    Tbl.DECIMAL16_DT
    Tbl.NUMBER_DT

CHAR、BYTE、CHARACTER CHARACTER SET GRAPHIC、VARCHAR CHARACTER SET GRAPHIC、VARCHAR, VARBYTE、またはNUMBERデータ型の場合、Tbl.getLength()を呼び出してデータ型の長さを取得します。

TIMEまたはTIMESTAMPデータ型の場合、Tbl.getPrecision()を呼び出して、データ型の精度を取得します。

DECIMALまたはNUMBERデータ型の場合、Tbl.getPrecision()を呼び出してデータ型の精度を取得し、Tbl.getScale()を呼び出してデータ型のスケールを取得します。