17.00 - 17.05 - その他のUDFで汎用グローバル関数を使用する場合 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

同じデータベースのUDFのうちglobal1のコードを使用するその他のUDFでは、次のようにして、この汎用グローバル関数をexternalとして宣言します。

/*****  Source code filename: udf2.c  *****/
#define SQL_TEXT Latin_Text
#include <sqltypes_td.h>
   
external global1(char *text1);
   
void udf2(VARCHAR *b, INTEGER *result,
          ... )
{
   int global_result;
   
   global_result = global1(b);
   
   ... 
   
}

対応するCREATE FUNCTION文では、UDFのソースを指定するだけです。

CREATE FUNCTION UDF1(B VARCHAR(20000) CHARACTER SET LATIN)
RETURNS INTEGER
  ...
EXTERNAL NAME 'CS!udf2!udf2.c';

汎用グローバル関数のコードは1度提供するだけでよく、同じライブラリ内の他のすべてのUDFでexternal文を指定することにより共有できます。