17.00 - 17.05 - パーティション - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

範囲パーティション ストラテジーは、ホットAMP状態を回避するために役立ちます。ホットAMPとは、PARTITION BY句の列の値が結果的に同一のパーティション(AMP)に大量に配分されてしまう状況です。

範囲パーティションとハッシュ パーティションは、移動ウィンドウ タイプに対応しています。レポートおよび累積ウィンドウ タイプに対応しているのは、ハッシュ パーティションのみです。これは、意味論的には順序に依存しないレポートや累積などのタイプのウィンドウ内で、特定の順序付けを想定している直前の値を参照しようとすると、潜在的な曖昧さが発生することがあるためです。

レポート集約や累積集約の場合は、関数がPARTITION BY句に適切な列値のセットを使用して、潜在的なスキュー状態を回避することを確認する必要があります。詳細は、<Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部、B035-1145>の「ウィンドウ指定のパーティション化列のデータおよびリソースの影響」を参照してください。