17.00 - 17.05 - GLOPデータの利点 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

GLOPデータを使用して、多くの操作上の問題を解決できます。

いくつかの例を挙げます。
  • 特定のオペレーショナル データへのアクセスを必要とする外部ルーチンについて考えてみます。データのボリュームが大きい場合や、データを保護する必要がある場合、データを引数として渡すことは実際的ではありません。データを外部ファイルに置くことはできますが、保守やコンピュータ リソースにかかるコストは高くなります。特に、複数のノード システムの場合や、外部ルーチンの同時呼び出しで同じデータが使用される場合には、そのように言えます。

    その代わりに、システム ストアド プロシージャを使用してGLOPデータを管理できます。データはすべてのノードで使用することができ、そのデータを使用するように構成されている外部ルーチンで使用可能です。

  • 外部ルーチンの呼び出しに関連したユーザーまたはロールに応じたさまざまな仕方で、外部ルーチンがデータにアクセスしたり、データを変更したりする必要があるとします。

    外部ルーチンは、ユーザーまたはロールに関連付けられたGLOPデータを使用できます。また、システムが外部ルーチンに使用できるようにしている実際のデータは、外部ルーチンの呼び出しに関連付けられた現在のロールまたはユーザーに応じて異なります。