17.00 - 17.05 - 中間集約記憶域 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

どの集約UDFでも、ウィンドウ集約UDFでも、さまざまな集約フェーズで渡されるデータを組み合わせする対象となる中間記憶域が必要です。

ここでは、各集約フェーズごとに集約UDFで中間記憶域を処理する方法について説明します。 必要な処理を示すため、ここでは標準偏差を計算するための簡単な集約UDFから抜粋したコードを使用します。 完全なコード例については、C集約関数を参照してください。