17.00 - 17.05 - 構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
int
FNC_CheckNullBitVectorByElemIndex ( NullBitVecType *NullBitVector,
                                    int             indexValue[],
                                    long            bufSize,
                                    bounds_t       *arrayScope,
                                    int             numDimensions)
NullBitVecType *NullBitVector
NullBitVectorの配列。この配列は、呼び出し側で事前に割り当てられます。
NullBitVectorへのアクセスに使用するデータ型は、sqltypes_td.hで次のように定義されています。
typedef unsigned char NullBitVecType;
int indexValue[]
ARRAY構成要素へのインデックス。この構成要素に対応するNullBitVectorのプレゼンス ビットが検査されます。1-D ARRAYの場合、ARRAY構成要素へのインデックスはindexValue[0]で得られます。ARRAY型がn-Dの場合、このインデックスのすべての次元情報は、必要に応じてセルindexValue[1]、indexValue[2]、indexValue[3] ... indexValue[FNC_ARRAYMAXDIMENSIONS]に格納されます。次に示すsqltypes_td.hで定義されるように、FNC_ARRAYMAXDIMENSIONSでARRAY型の最大次元数を特定します。
#define FNC_ARRAYMAXDIMENSIONS 5
long bufSize
呼び出し側で割り当てられたNullBitVectorのサイズ(バイト単位)。呼び出し側は割り当て後に、すべてのバイトを0に設定することでNullBitVectorを初期化します。
bounds_t *arrayScope
bounds_t構造体の配列。この配列によって、NullBitVectorで表わされるARRAYのスコープ情報が得られます。この情報は、FNC_GetArrayTypeInfoを呼び出すことで取得できます。FNC_GetArrayTypeInfoを参照してください。
int numDimensions
NullBitVectorで表わされるARRAYに定義された次元数。この情報は、FNC_GetArrayTypeInfoを呼び出すことで取得できます。FNC_GetArrayTypeInfoを参照してください。